マルチメディアプラザとっとり トップページへ
会員事業所紹介ユーザ協会のご案内入会事業計画ニュースIT関連事業電話応対事業出版物・ビデオ等ご案内
全国のユーザ協会関連リンク生活関連情報

鳥取県内事業ニュース   
       
 
 
 

もしもし検定は、電話を受ける、かける等の電話応対やビジネスマナー、日本語の基本知識等の従来型の「電話応対に加え、場面や人によって臨機応変に応対することができるコミュニケーション能力を向上させることを目的とした厚生労働大臣認定による制度です。

 
 コース 日時・場所 内容
 講 座
(2日間)
◆日時:平成27年2月19日(木)
      9:15〜17:45(7時間30分)

     平成27年2月20日(金)
      9:15〜17:45(7時間30分)

◆場所:さざんか会館
     鳥取市富安2丁目104−2

〈必須科目〉
○教養ある社会人として欠かせない人格的マナー
○話し言葉・聴くこと・話すこと・気遣うこと
○敬語と言葉遣いの基本
○発声・発音の基本
○電話と対面コミュニケーションの違い
○個人情報保護法(概要) (以上10時間)
○電話応対の基礎
○電話の受け方かけ方、取り次ぎ方、伝言 (以上5時間)
【2日間15時間】

 試 験 ◆平成27年3月4日(水)
  筆記試験(四肢択−マークシート問題20問)+実技試験(ロールプレイ)
筆記試験13:00〜13:40(40分間)
実技試験14:00〜  1人5分程度(試験部分は3分間)で受験番号順に行う
合否は後日郵送(試験1ヶ月後程)にて受験者宛に送ります。希望される合格者の方には、認定証か認定カードの いずれかもしくは両方を発行いたしますが、別途認定証3,240円(税込)・認定カード5,400円(税込)が必要です。
 合格ラインは筆記試験・実技試験それぞれ100点満点の70点以上

◆費用:鳥取県支部では今回3級については初めての試みであり講座料(2日間分)は特別割引価格にしております。
     会員価格:12,000円(税別) 検定料:5,000円(税別)
     一般価格:15,000円(税別) 検定料:5,000円(税別)
    ★4級資格者、及びH26年度応対研修応用編受講者は受講料は半額となります(別紙特典あり参照
◆支払方法:後日請求書を送付いたします。
◆定員:30名(先着順) 最小開講人数5名
◆会場:さざんか会館 鳥取市富安2丁目104−2
◆受講対象:応対技能の基本を学びたい方、2級(中級)を目指している方。
◆講 師:公益財団法人日本電信電話ユーザ協会 契約講師(もしもし検定指導者級資格取得者)
◆申込締切:平成27年1月30日(金)までに別紙参加申込書からお申込ください。
        申込書はこちらから>>
◆お問合せ先:鳥取市湯所町2−258 (公財)日本電信電話ユ−ザ協会 鳥取県支部 野口
              TEL:0857−39−2525 FAX:0857−39−2526
 
このページの上へ
<事業ニュースindexへ>
 
  
 Copyright©(公財)日本電信電話ユーザ協会鳥取県支部 All Rights Reserved.