マルチメディアプラザとっとり トップページへ
会員事業所紹介ユーザ協会のご案内入会事業計画ニュースIT関連事業電話応対事業出版物・ビデオ等ご案内
全国のユーザ協会関連リンク生活関連情報

鳥取県内事業ニュース   
       
 
 

もしもし検定は、電話応対などのビジネスシーンにおけるお客様応対のエキスパートとして即戦力となり得る人材の育成をめざしています。もしもし検定4級は、基本研修を事前に受講しなくても筆記試験のみ(実技試験無し)で受験が可能です。 筆記試験内容は3級と同じレベルです。 皆様の受験をお待ちしております。

 

電話応対技能検定(もしもし検定)の詳細は協会HPをご覧下さい。
http://www.jtua.or.jp/education/moshimoshi/

 
◆試験日 平成27年3月4日(水) 13:00〜13:40 (40分間)
       受付12:30〜 試験開始10分前までに受付を済ませて下さい。 
◆定員:20名(先着順)
◆検定料:1,000円(税別) 後日請求書送付いたします。
(注)申込締切日の翌日以降〜検定日当日までの間にキャンセルの場合、キャンセル料が発生する場合があります。
◆会場:さざんか会館 鳥取市富安2丁目104-2
◆申込締切:平成27年1月30(金)までに別紙参加申込書からお申込下さい。
 申込を確認次第ご連絡いたします。連絡がない場合はお問い合わせいただきますようお願いいたします。
   申込書はこちらから>>
◆その他:@合否は後日郵送(試験1ヶ月後程)にて受験者宛に送ります。
   希望される合格者の方にはカードの発行をいたしますが、別途500円(税別)が必要です。
   Aもしもし検定のテキスト(過去問題集含む)は下記URLから購入出来ます。
   価格:1,500円・冊(税別)
   会員ペ−ジ 会員特典(参考:10冊以上のお申込であれば送料無料・20%割引)
   https//www.jtua.or.jp/private/privilege
      パスワ−ドはpass
◆特典:4級資格者が合格日より2年以内に3級を受験する場合には
      ⇒3級基本研修15時間の内、7時間30分を免除します。
出題数
4肢択一マ−クシ−ト 
試験内容(3級教育課程と同レベル)  合格基準 
ビジネスマナー 6問
日本語 7問
コミュニケーションツール 2問
法的知識 2問
電話応対 3問

合計 20問 
・教養ある社会人として欠かせない人格的マナー
・話し言葉・聴くこと・話すこと・気遣うこと
・敬語と言葉遣いの基本 ・発声
・発音の基本
・電話と対面コミュニケーションの違い
・様々なコミュニケーションツールと電話メディアの特徴
・個人情報保護法(概要)
・電話応対の基礎
・電話の受け方かけ方、取り次ぎ、伝言 
70点以上で合格  
 ※鉛筆(HB以上)、消しゴムを必ず持参して下さい。
◆お問い合わせ先:鳥取市湯所町2−258 (公財)日本電信電話ユーザ協会 鳥取県支部 野口                       TEL:0857−39−2525  FAX:0857−39−2526
 
このページの上へ
<事業ニュースindexへ>
 
  
 Copyright©(公財)日本電信電話ユーザ協会鳥取県支部 All Rights Reserved.