マルチメディアプラザとっとり トップページへ
会員事業所紹介ユーザ協会のご案内入会事業計画ニュースIT関連事業電話応対事業出版物・ビデオ等ご案内
全国のユーザ協会関連リンク生活関連情報

鳥取県内事業ニュース   
 
電話応対コンクールは、美しい日本語を守り伝えると共に、各企業の電話応対サービス・技術のレベルアップを図ることを目的に昭和37年からスタートし、今年で54回目の全国大会を迎える歴史あるコンクールです。
毎年テーマを設定して、顧客の立場に立った応対が出来るかを3分間の応対の中で表現していきます。今求められている多種多様なお客様ニーズ、お悩み事に如何に応えられるかが企業のカギとなっている中、本応対コンクールに参加することで、企業マインド・CSの醸成及び応対エキスパートの育成の一助にしていただければと思います。

※鳥取県大会は、全国大会出場者を決める予選大会も兼ねています。

昨年は鳥取県代表のシャープ(株)前川さんが全国13,000名を超す参加者から選ばれた47都道府県60名の精鋭が競う全国大会で  準優勝 という大快挙を成し遂げました。
 
【開催案内および申込方法について】 
開催日時 平成27年10月16日(金) 13:00〜17:30(予定)
開催場所  米子市文化ホール(メインホール)
(〒683-0043 鳥取県米子市末広町293番地)
参加資格  どなたでもOK(初めての方も当協会がサポート)
☆会場での見学自由(入場無料)→多数の応援お待ちしております。
参加料 会員:無料、会員以外:3,240円(消費税込)
☆大会終了後の慰労会参加費も上記と同様です。
申込方法等   参加申込書を10月2日(金)迄に事務局へ
 ※申込書はこちら
 TEL(0857)39-2525 FAX(0857)39-2526
 
【鳥取県大会概要】
競技問題 2015年度電話応対コンクール問題 はユーザ協会ホームページをご覧ください。今年のテーマは「鍛えよう!聴き取る力、訊きだす力」
http://www.tottori.jtua.or.jp/(電話応対コンクール全国大会をクリック)
競技方法 別室の模擬応対者とのコンクール問題を基に電話対応を行い(3分以内)下記審査基準を基に技を競います。
審査基準 「最初の印象」「基本応対スキル」「コミュニケーションスキル」「情報・サービスの提供」「最後の印象」「顧客満足評価」→100点満点
 表 彰  優勝 1名、準優勝 1名、優秀賞 5名(賞品と賞状を授与します)
(出場者全員に記念品が授与されます)
☆優勝者には、11月27日(金)群馬県前橋市で開催される全国大会に鳥取県代表として出場していただきます。なお、準優勝者および優秀賞(第3位)の方には、全国大会に、研修生として参加していただきます。(全国大会への参加費用はユーザ協会で負担)
第54回 電話応対コンクール全国大会in前橋(11月27日)
(ベイシア文化ホール)
 
このページの上へ
<事業ニュースindexへ>
 
  
 Copyright©(財)日本電信電話ユーザ協会鳥取県支部 All Rights Reserved.